足の臭いを強くする原因は靴や靴下

足が臭う一番の原因は、足にかく汗と足の常在菌です。足にかく汗が同じ量の場合、足の常在菌が多いほど臭いはきつくなります。

この足の常在菌を増殖させているのが、靴や靴下なのです。ですから常に靴も靴下も履かない生活をして、足を清潔に保てれば足はほとんど臭うことはありません。

しかし、通常生活していると必ず靴や靴下をはく機会があります。靴や靴下を履くと、その中は高温になるほか、かいた汗が放散されないので湿度があがります。この、高温多湿状態は足の常在菌にとっては格好の繁殖環境となります。

ではそのような環境を回避するためにはどんな対策を採ったらいいのでしょうか。

kutu

足の臭い対策は靴や靴下の臭い対策が肝心

足の臭いの対策というと、足を清潔にするとか、水虫を治療するなどといった足自体のケアを考えがちですが、それだけでは足の臭いは改善しません。靴や靴下で高温多湿になり、菌が繁殖してしまった場合、いくら足を清潔にしても臭いは消えません。靴や靴下の臭い対策が肝心なのです。

・靴下は毎日洗濯
これはもちろんのことですが、可能であればこまめに変えるようにしましょう。それが無理であれば通気性や、吸水性に優れた素材の靴下や臭わない素材の靴下を選ぶようにしましょう。5本指のソックスも足の指の間にかいた汗を吸収するので、臭い対策には欠かせません。

・靴の臭い対策
靴を毎日履くと、前の日の汗が乾ききっていないうちに新しく汗をかいてしまうといった状態になり、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。お気に入りの靴だと毎日履きたいところですが、1日から2日くらいあけて履くようにしましょう。毎日出かける場合は、靴を3足くらい用意してローテーションを組むといいでしょう。休ませる靴には除菌スプレーや消臭スプレーなどを吹きかけておくと効果が上がります。

また、10円玉も消臭効果が高いといわれています。旅行先などで消臭、殺菌スプレーなどがない場合には、つま先に10円玉を忍ばせておくだけで臭いが軽減します。

中敷は洗えるならこまめに洗えば問題ないのですが、それでも臭いが気になるという人には消臭効果のある中敷も売られています。

 

足の臭い対策だけでなく、靴や靴下の対策も行なうことでより効果的に足の臭いの原因を解消させることができます。